CDレコーダー『CD-RW890MKII』を新発売

Press release
2015-06-17

2015年6月17日

CDレコーダー『CD-RW890MKII』を新発売


ティアック株式会社(本社:東京都多摩市、代表取締役社長:英 裕治)は、CDレコーダー『CD-RW890MKII』を全国のオーディオ店および量販店を通じて発売開始いたします。

品名 型名 希望小売価格 発売予定日
CDレコーダー CD-RW890MKII オープンプライス 2015年7月上旬



CD-RW890MKII

CD-RW890MKIIは、レコード (※1) やカセットテープ、CD、MDなどを音楽用CD-R/RW (※2)に録音することができるCDレコーダーです。お手持ちのオーディオ機器に接続することで、思い出のレコードやカセットテープから簡単に音楽用CD-R/RWへの録音が可能。貴重なアナログ音源をデジタル保存することができるほか、CDプレーヤーなどと接続すれば簡単にお気に入りの曲を集めたCDを作成することができます。さらに、レコードやカセットテープを録音する場合、無音部分を検知して自動的にトラック番号をつけるオートトラック機能により、音楽を聴きながら1曲ごとにトラック番号を付けるという手間のかかる作業を自動で行うことができます。

また、CD再生時には最大32曲まで演奏順を設定できるプログラム再生や、1曲/全曲リピートに加え任意の区間をリピート再生するA-Bリピート、シャッフル再生など多彩な再生にも対応。さらに、明るい場所でも見やすいFLディスプレーの採用など、CDプレーヤーとしても優れた操作性を提供します。

『CD-RW890MKII』は簡単な操作で様々な音源を音楽用CD-R/RWに録音できる、シンプルで実用的なCDレコーダーです。

※1 レコードプレーヤーの接続にはフォノイコライザーアンプが必要になります。
※2 データ用CD-R/RWはご使用になれません。

 

【主な特長】

  • 音楽用CD-R/RWに録音可能なCDレコーダー
  • 録音レベル調整に欠かせないレベルメーター付きFLディスプレー
  • 幅広いデジタルソースに対応するオートサンプリングレートコンバーター搭載
  • 曲の開始と終了で自動的に録音をスタート/ストップするシンク録音 (デジタル機器からの入力時のみ)
  • 曲間の無音部分を検知して自動的にトラック番号をつけるオートトラック機能
  • 手動で任意の箇所でトラック番号をつけるマニュアルトラック機能
  • 設定した時間毎 (1分~10分間、1分刻み) にトラック番号をつけるタイムトラック機能
  • 録音した音楽用CD-R/RWを他のCDプレーヤーで再生できるようにするファイナライズ機能
    ※再生するCDプレーヤーがCD-DA方式で記録されたCD-R/RWディスクの再生に対応している必要があります。
  • アンファイナライズ機能により、全トラックまたは最後に録音したトラックを消去可能 (CD-RWのみ)
  • プログラム再生 (最大32曲)
  • リピート再生 (1曲、全曲、A-B)
  • シャッフル再生
  • 光デジタル入力端子 (SCMS準拠)
  • アナログ・ライン入力、およびライン出力
  • ボリューム付きヘッドホン端子
  • テンキー付き専用リモコン付属

【一般仕様】

電源 AC100V、50/60Hz
消費電力 16W
外形寸法 435(W)×104(H)×285(D)mm (突起部含む)
質量 4.5kg

※RoHSに対応しています。
※仕様は改善のため変更することがあります。

製品詳細情報についてはこちらをご覧ください。
CD-RW890MKII