ハイレゾ音源の入力に対応したマイクロコンポ『HR-S101』を新発売

Press release
2014-11-12

2014年11月12日

ハイレゾ音源の入力に対応したマイクロコンポ『HR-S101』を新発売


ティアック株式会社(本社:東京都多摩市、代表取締役社長:英 裕治)は、ハイレゾ音源の入力に対応したマイクロ・コンポーネントシステム『HR-S101』を全国のオーディオ店および量販店を通じて発売開始いたします。

品名 型名 希望小売価格 発売予定日
マイクロコンポーネントシステム HR-S101 オープンプライス 2014年12月上旬




PCM 192kHz/24bitのハイレゾ音源を入力可能な新世代マイクロコンポ。

『HR-S101』は横幅182mmのコンパクトなボディにPCM 192kHz/24bitまでのハイレゾ音源を入力可能なUSBオーディオ入力と、スマートホンから高音質なaptX®方式によるBluetooth®ワイヤレス再生を備えた新世代マイクロコンポです。

手軽にハイレゾ音源の再生を楽しみたい方や、音楽ライブラリーをパソコンやスマートホンで管理している方に最適な入力ソースを備え、書斎の机やテレビの脇に置きやすい小型で縦置きも可能な省スペース設計を採用しました。付属のスピーカーは手のひらに乗るほどのコンパクトなサイズにもかかわらず、アンプ側でDSP処理されるHRラウドネス回路により、このスピーカーの特性に最適なスピーカー信号を出力。ワンサイズ上の迫力ある音を再生します。 また、このマイクロコンポは音楽鑑賞用途にとどまらず、テレビのデジタル音声出力も接続できる光デジタル入力を2系統装備。サブウーハー・プリアウト端子も装備しており、アクティブ・サブウーハーに接続するだけでテレビのサウンドを簡単に2.1chホームシアター・システムにアップグレードすることが可能です。さらに、デジタル信号の有無によってアンプの消費電力を低く抑えるオートパワーセーブ機能も装備。テレビの電源のオン/オフだけでアンプの電源のオン/オフができる便利な設計です。

『HR-S101』は現代のデジタルオーディオ環境にマッチした入出力と、置き場所を選ばないコンパクトなサイズ、さらに小さくても迫力ある音を追及した新世代のマイクロコンポです。

 

【主な特長】

  • 182mm幅のコンパクトなUSB入力・DAC搭載プリメインアンプ
  • PCM 192kHz/24bitのハイレゾ音源に対応(アシンクロナスモード対応、 アップコンバージョン可能)
  • Bluetooth®、 aptX®コーデック対応の高音質ワイヤレス再生
  • BurrBrown PCM1796 D/Aコンバーター内蔵
  • 26W + 26WのClass-Dパワーアンプ搭載によるファンレス設計
  • 小音量時でも迫力ある重低音を再現するHRラウドネス回路搭載
  • 合計5系統の入力(USB、Bluetooth®、2系統の光デジタル入力、1系統のアナログライン入力)
  • スクリュー式スピーカー端子(バナナプラグ対応)、およびサブウーハー・プリアウト
  • 100mW+100mWのヘッドホン出力(3.5mmステレオミニ端子)
  • デジタル入力を検知して電源がON/OFFするオートパワーセーブ機能
  • 堅牢で縦置きも可能なアルミ製キャビネットを採用したアンプ
  • 20mmツイーター、70mmウーハーを採用したリア・バスレフ式2ウェイスピーカー
  • 天然木突板に多層塗り光沢仕上げを施したスピーカーキャビネット
  • ハイレゾ再生アプリ TEAC HR Audio Player 対応(無償配布品)
  • リモコン付属

 

【一般仕様】

電源 AC100V、50/60Hz
消費電力 28W
外形寸法 アンプ   182(W)×53(H)×191(D)mm (突起部含む)
スピーカー 116(W)x182(H)x167(D)mm (突起部含まず)
質量 アンプ   1.2kg
スピーカー 1.7kg/台

※RoHSに対応しています。
※仕様は改善のため変更することがあります。



製品詳細情報についてはこちらをご覧ください。
HR-S101