Reference01シリーズ 2.1chスピーカーシステム 『LS-WH01』を新発売

Press release
2014-02-05

2014年2月5日

Reference01シリーズ
2.1chスピーカーシステム 『LS-WH01』を新発売


ティアック株式会社(本社:東京都多摩市、代表取締役社長:英 裕治)は、Reference01シリーズの2.1chスピーカーシステム『LS-WH01』を全国のオーディオ店および量販店を通じて発売開始いたします。

品名 型名 希望小売価格 発売予定日
2.1chスピーカーシステム LS-WH01 オープンプライス 2014年2月下旬



デスクトップで重低音。
低振動サブウーハーと専用サテライトスピーカーによる、A-H01に最適な2.1chスピーカーシステム。

『LS-WH01』は、ご好評いただいているReference 01シリーズのプリメインアンプA-H01にベストマッチの2.1chスピーカーシステムです。従来の常識を覆す低振動、かつ小型化によりA-H01と同様にコンパクトでどこにでも置けるサブウーハーを実現しました。

従来、サブウーハーは低域を再生するために大口径のユニットを必要とし、相応の振動を発生するものでした。従ってエンクロージャーも振動を受け止めるため大きく、重くならざるを得ませんでした。しかし『LS-WH01』では、A-H01にマッチしつつ低域が豊かなスピーカーシステムを実現するために、サブウーハー部にHVT方式を採用。この方式では2個1対のユニットを駆動させることで振動を打ち消すことができ、エンクロージャーの小型化を実現できました。A-H01同様の縦横約215mmのスペースにサブウーハーを設置することができ、縦置きでの使用も可能なためデスクトップのみならず本棚などへの設置も可能です。

サテライトスピーカーは、サブウーハーと組み合わせることで最適なパフォーマンスを発揮するようチューニングを繰り返し、小型のユニットながら豊かな再生音を奏でます。

サイズだけでなく、仕上げもオーディオとしての雰囲気を演出できるよう配慮しました。サテライトスピーカーは精悍なピアノブラックの光沢仕上げとなっており、サブウーハー部はA-H01にあわせた仕上げとなっています。ブラック、シルバー双方のA-H01にマッチするデザインとなっており、どちらのカラーにあわせてもリビングやデスクトップにオーディオ製品ならではの雰囲気を加えることができます。

『LS-WH01』はデスクトップのプライベートシステムとして、リビングのオーディオシステムとして、様々なシチュエーションで豊かなサウンドを届けてくれることでしょう。

 

【主な特長】

  • A-H01にマッチするコンパクトかつパワフルなスピーカーシステム
  • HVT方式を採用し、揺れずにパワフルな重低音を奏でるサブウーハーを実現
  • サブウーハーにマッチするよう調整された専用サテライトスピーカー

サブウーハー部

  • HVT方式を採用し、揺れずにパワフルな重低音を奏でるサブウーハーを実現
  • 設置場所にあわせて音質を調整できる位相反転スイッチを背面に装備
  • サブウーハーの音量調整用ボリュームつまみを背面に装備
  • RCAピンジャック サブウーハー入力端子 (サブウーハー出力を持つアンプに対応)
  • 縦置きに対応、専用のゴム足が付属
  • 強固なアルミダイキャスト製シャーシ

サテライトスピーカー部

  • 70mmのフルレンジユニットを採用
  • 美しい光沢を放つピアノブラックの密閉型エンクロージャー
  • 金メッキスピーカーターミナル
  • 取り外し可能なサランネット

【一般仕様】

電源 AC100V~240V、50Hz/60Hz
消費電力 5.3W
入力インピーダンス  
サブウーハー
サテライトスピーカー
外形寸法  
サブウーハー 215(W)×75(H)×228(D)mm(突起部含む)
サテライトスピーカー 110(W)×148(H)×168(D)mm(サランネット、突起部含む)
質量  
サブウーハー 1.45kg
サテライトスピーカー 1.3kg/台

※RoHSに対応しています。
※仕様は改善のため変更することがあります。


製品詳細情報についてはこちらをご覧ください。
LS-WH01