audio.teac.comteac.jp



製品情報 :: ヘッドホンアンプ :: HA-501

HA-501 - フルアナログ・デュアルモノーラル・ヘッドホンアンプ

HA-501 概要

すべてはヘッドホンの潜在能力を引き出すために。
フルアナログ・デュアルモノーラル・ヘッドホンアンプ。

メーカー希望小売価格:110,000円(税抜)
JANコード:4907034217809(HA-501-B)  4907034217885(HA-501-S)

TEAC製品の
ご購入は
TEAC製品のご購入はONKYO DIRECT


『HA-501』は、ヘッドホンを愛するオーディオリスナーのために開発されたフルアナログ・デュアルモノーラル・ヘッドホンアンプです。スピーカーのためにパワーアンプがあるように、ヘッドホンの潜在能力を引き出し最適かつ最高のサウンドでヘッドホンリスニングを楽しんでいただくために、徹底的にこだわった仕様を随所に散りばめています。

特長的な機能としては、ダンピングファクターセレクターを搭載。ヘッドホンを複数所有するリスナーにおいては、それぞれのヘッドホンに最適な環境を構築するのは至難の業ですが、ダンピングファクターセレクターを使用すればそれぞれのヘッドホンに最適なサウンドを選ぶことが可能になります。加えて、1400mW/ch(32Ω負荷時)という大出力を確保しているため、市場に溢れる様々なインピーダンスのヘッドホンを余裕でドライブすることが可能です。

特徴となる機能を搭載しながらも、『HA-501』の本質的な特長はオーディオ回路部分にあります。ハイエンドヘッドホンをドライブし音楽を楽しむためには、ヘッドホンに相応しい高音質出力が必要なことは言うまでもありません。電源部にはトロイダルコアトランスを採用し、アンプ部はA級動作、ディスクリート構造を採用。さらに左右チャンネルの干渉を防ぐデュアルモノーラル構成とした上で、各チャンネルにハイエンドオーディオ用設計のオペアンプMUSES8920をそれぞれ搭載。販売・設計効率化のために一般的な機器では敬遠される高音質化設計技術を随所に採用し、ハイエンドヘッドホンに相応しい高音質を実現しています。

『HA-501』によるヘッドホンリスニングは、ハイエンドヘッドホンの潜在能力を引き出し、慣れ親しんだヘッドホンリスニングにおいても新たな楽しみを提供してくれることでしょう。 


ヘッドホンアンプ 部門
(据え置きタイプ・10万円以上)

ヘッドホンアンプ 部門
(据え置きタイプ・
10万円以上20万円未満)

ヘッドホンアンプ 部門
(据え置きタイプ・5万円以上)


ヘッドフォンアンプ部門

製品開発賞


◆ カラーバリエーション

HA-501-B (Black)
HA-501-B (Black)
HA-501-S (Silver)
HA-501-S (Silver)


◆ 特長

■ヘッドホンを最良の状態で聴くためのヘッドホン専用フルアナログ・デュアルモノーラル・アンプ
ハイエンドヘッドホンでのリスニングにおいては、聴きたいスピーカーの特性に合わせてアンプを選ぶように、ヘッドホンとそれをドライブするヘッドホンアンプの相性が非常に重要です。専用設計のヘッドホンに相応しいヘッドホンアンプに接続することで、本来持っている性能をフルに引き出すことが可能になります。ヘッドホンを単なるリスニング環境のための道具ではなく、本格的なリスニング環境のひとつとして捉えるハイエンドヘッドホンユーザーに欠かせない機器が、ヘッドホンアンプなのです。
■歪みを抑えるアクティブDCサーボテクノロジー採用、ディスクリート構成のA級動作アンプ
回路を構築するパーツ群は、度重なる試聴評価を経て厳選されたパーツで構成されています。また、音質に悪影響を与える出力電位のオフセット(直流電圧成分)を打ち消し、安定したドライブを可能にするアクティブDCサーボテクノロジーを採用しています。コンパクトな新しいサイズの筐体には、フルサイズアンプと同等の本格的な仕様が盛り込まれています。
■左右チャンネルの相互干渉を排除するデュアル・モノーラル構成
『HA-501』ではひとつのオーディオ回路を左右独立して2系統搭載する贅沢なデュアル・モノーラル構成を採用。左右チャンネルの信号干渉を抑えることが可能であり、ヘッドホンによるリスニングでは特にシビアとなるクロストークを排除できます。ヘッドホンのための最適なステレオオーディオ信号を出力します。
■オペアンプにMUSES8920を採用
オペアンプにはオーディオ用に設計された新日本無線株式会社製MUSES8920を採用しました。FET入力の特徴である高音の美しさに加えて、しっかりとした芯のある低音域を特徴としており、様々なオーディオ機器においても高い評価を得ているオペアンプです。しかも、左右各チャンネルに1基ずつ、合計2基搭載し、デュアル・モノーラル構成を貫いています。
■大容量トロイダルコア・トランスを擁する電源部
高効率で安定した電源を供給できるトロイダルコア・トランスを採用しました。磁束漏れを抑え電磁誘導ノイズの混入を防ぐことができるため、常にピュアで安定した電流を供給できます。
■ヘッドホンに最適なサウンドが選べるダンピングファクターセレクター搭載
ごく少ない電流の違いがダイアフラムの動きに大きな影響を与えるヘッドホンリスニングにおいて、最適なダンピングファクターを選択できるダンピングファクターセレクターを搭載。様々なインピーダンス設定が行われているヘッドホンでは、特定のインピーダンスにフォーカスすることが困難であり、低インピーダンスヘッドホンの場合は必然的に高ダンピングファクターとなってしまいます。締まりのある音になりますが、マイルドなサウンドで聞きたい音楽もあるでしょう。このような場合に、ダンピングファクターセレクターをLOW側に調整することで、低インピーダンスヘッドホンながらもマイルドなサウンドを得ることが可能になります。
Position ヘッドホン インピーダンス ダンピングファクター
HIGH 32Ω時 DF=76
* 64Ω時 DF=98
MID 120Ω時 DF=97
* 300Ω時 DF=115
LOW 600Ω時 DF=118
※この数値は公称値で計算した目安であり、実際にはヘッドフォンのコードやプラグによっても変化します。
■ハイインピーダンスヘッドホンを余裕でドライブする1400mW/ch出力
ヘッドホンアンプとしてはトップクラスの1400mW/ch(32Ω負荷時)という高出力を実現。ハイエンドヘッドホンに多い600Ωクラスのハイインピーダンスヘッドホンを接続しても余裕でドライブします。
■制振性と高級感を両立するフルメタル筐体、デスクトップにも設置できるA4サイズ
フロントパネルのみならず、トップおよびアウターサイドパネルに採用されたアルミ材が、強固なスチール製のシャシーを覆っています。重量部品により物理的に振動を抑制して、全ての回路が安定して動作できる筐体を実現しました。内部においても、フロントとリヤを強固なスチール製ビームが貫いています。
Reference 501シリーズにおいては、オーディオ機器として全く新しいA4サイズのコンパクトなボディを採用。モダンなインテリアにマッチするだけでなく、パソコンが設置されたデスクトップにおいても効率的な配置が可能です。インテリアにマッチしながらも主張する、オーディオの新しいスタンダードが誕生しました。
 
■操作する喜びを与えるこだわり抜いたユーザーインターフェース
スペックや音質を満足させるだけでなく、操作性や視認性を高め総合的な満足感が得られるオーディオ機器であることも、Reference 501シリーズのコンセプトです。これに基づいて、しっかりとしたトルクのあるアルミ製ボリュームノブ、確実な操作を感じられるトグルスイッチなど、操作する部分のひとつひとつにこだわりました。ヘッドホン差し替え時の音量差から耳を守るオートミュート機能も搭載しています。
■ハイエンド志向の本格的な入出力端子群
ノイズを極力排除した高品位な音を再生しても、アンプ自身が騒音を出しては意味がありません。高性能と小型化という、熱対策とは相反する目的を達成するために、回路設計と筐体設計の双方から熱源となりうる部品の慎重な選択と効率的な配置を行い、冷却ファンを必要としない高性能小型アンプを実現しました。

 

その他の特長

 
  • 1系統のXLRステレオバランス入力
  • 2系統のRCAステレオアンバランス入力(ワイドピッチ)
  • 1系統の6.3mmステレオミニジャック入力
  • 1系統のRCAステレオ出力(ワイドピッチ)
  • レベルセレクトスイッチにより出力レベルを切替可能(ボリューム連動、非連動、出力オフ)
  • +/-15Vの高い内部電圧により高S/N比を実現
  • NEUTRIK社製XLRコネクター採用
  • ヘッドホン出力端子
  • アルミウェイテッドボリュームノブ
  • ヘッドホンを抜くと自動的にミュートされ、音量差によるショックから耳を守るオートミュート機能搭載
  • 3極式電源ソケット